浮気と不倫の違いはあるのか?

浮気調査と不倫調査

探偵事務所が行なっている調査内容をホームページで見ていると、浮気調査と書いているところもあれば、不倫調査と書いているところもあります。

 

意外とこの浮気と不倫についての差を知らない人は多く、それぞれは呼び名が違うだけでなく行為の重さも異なっています。

 

 

浮気と不倫は何が違う?

浮気というのは人によって概念が違うという特徴があり、人によっては異性と食事をしただけでも浮気と言う人もいれば、性行為からが浮気という人もいるように、浮気と言っても様々な浮気の形があります。

 

 

不倫は結婚相手がいる場合に性行為を伴う浮気をすることで、法律では結婚相手がいる状態で他の異性と性的関係を持つことは不貞行為と見なされます。

 

 

男性が用意周到に依頼するケースも

不倫調査を探偵事務所に依頼するということは、その後に慰謝料請求や離婚が待っている場合も多く、それを見通して不倫調査をする人もたくさんいます。

 

意外に男性が用意周到にそのような準備を進めているケースが多くあります。

 

 

いすれにしても不倫調査を探偵事務所に行った時点で調査対象者に対して信用が無いということになるので、調査を依頼する側もそれなりの覚悟が必要になり、特に不倫の証拠が発覚した場合の落胆具合は大きいものがあるので心の準備が必要です。

 

 

ちなみに恋愛関係にある場合は浮気調査になりますが、不倫とは違って慰謝料の請求は難しいのが現実なものの、内縁状態や婚約状態にある関係なら場合によって慰謝料が請求できることもあります。

 


このページの先頭へ戻る