探偵事務所の現状はどうなのか?

探偵事務所の数が増えてきた

昔はそこまで探偵事務所の数は無く、地域に一カ所あるか無いかというところも多かったです。

 

最近はかなり事務所が増えており、地域に複数カ所あるところも珍しくありません。

 

 

この背景には調査を依頼する人が増加していることも関わっており、少し業務は一般的な仕事から見ると変わっていますが、人気の高い職業として認知度を上げつつあります。

 

 

なぜ探偵事務所が増えた?

探偵事務所として事業をする人が増えた背景には、探偵に対するイメージ払拭が大きく関係しています。

 

元は自分で名乗ればそこから探偵という職業になれたので、そこまでなるまでに敷居が高くない職業でしたが、探偵業法と呼ばれる法律が施行されてからは一つの職業として周知されるようになったので探偵を目指す人も利用する人も良い具合に増えて行きました。

 

 

探偵の利用率が増えている

昔に比べると探偵を利用する人が急速に増えている背景には複雑化する社会状況というのが大きく関係していますが、もともと探偵事務所の仕事と言えば誰かの秘密を調査するというのが一般的な業務内容です。

 

 

探偵には高い秘匿性が求められるわけですが、複雑化する社会によって調査する項目も増えているのが現状で、それに伴って利用者が増加しているということです。

 

 

今後も社会の複雑化が進んでいくとされているため、まだまだ利用者は増えると想定されますが、当然ながらそれに伴って探偵事務所も増えると予想されるので、競争などによってサービスの内容も変わっていくと想定されます。


このページの先頭へ戻る