探偵事務所と法律

探偵の仕事は犯罪行為?

探偵がする仕事を見てみると勝手に調査対象となる人を尾行しては写真を撮影して、必要に応じて聞き込みなど警察官と同じようなことをしているのが普通です。

 

しかし、警察官のように国家から認められている機関では無いため、これらのことをして犯罪行為にならないのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

 

 

法によって縛られている?守られている?

昔は探偵に対して施行される法律というのが無かったこともあって、すべての調査は違法という印象がありました。

 

でも、最近は探偵業を営んでいる人が業務を行う際に施行される探偵業法と呼ばれる法律ができたこともあって、探偵の仕事が法によって認められる形となり、届け出を出すことによって正々堂々調査の業務を行えるようになりました。

 

 

探偵自身が法律を知る必要がある

だからと言って何でもして良いということではなく、探偵事務所にはしてはいけないこともたくさんありますが、法律のグレーゾーンとギリギリのところで調査をしないといけないケースも多いので、探偵自身が最低限の法律の知識が必要とされています。

 

 

法律によって探偵ができるところが制限されたのではないかと思っている人も多いのではないかと思いますが、考え方としては逆で、法律ができたことによって探偵が一つのきちんとした職業として認められることになったので、かえって探偵としての事業がしやすくなりました。

 

 

ただし、法律事務所によっては法律違反を犯して業務をしているようなところもあるので、利用する場合は悪質な業者を選ばないことも大切です。


このページの先頭へ戻る