探偵事務所の権限はどのようなものか?

探偵は法によって守られていない?

警察官や弁護士などは法的に様々な権限が与えられるため、それぞれが誰かを調査しないといけなくなった場合に、権限を行使して調査することによって法律に触れないで調査をすることができるようになっています。

 

これによって犯罪者を捕まえることや犯罪弱者を弁護することができるようになっています。

 

 

探偵事務所も様々な調査をする機関ということもあって、国から何らかの権限が認められていても良さそうな気がしますが、実際のところは警察官や弁護士のように権限が与えられているということではないので、当然ながら警察官や弁護士のように調査をしていると法的に罰せられる可能性があります。

 

 

探偵の調査は危険がつき物

探偵として働く場合は調査において危険を伴うことも十分に考えられます。

 

危険な目にあっても警察官のように武器を持つことは禁止されているため、自力でどうにかその場を回避する必要があります。

 

心情的には正当防衛を認めてもらいたくても事前に武器を所有していると用意したかのように思われるため、自分の力だけで正当防衛で守る必要があります。

 

 

探偵のための法律“ 探偵業法 ”

探偵事務所においても探偵業法と呼ばれる探偵業をする人専門の法律が施行されたこともあって、昔に比べると探偵事務所に与えられる権限というのも増えてきています。

 

警視庁:探偵業法

 

 

これは探偵事務所の需要が増えていることも大いに関係しているのですが、複雑化する社会において調査をする機会が増えているということもあって、今後も権限に変化がある可能性は大いにあります。

 


このページの先頭へ戻る