探偵事務所と興信所との違いとは

その道のプロに頼む

人や会社の秘密を調査して欲しい場合に依頼する先としてあるのは探偵事務所と興信所です。

 

それぞれにはメインで行う調査範囲というのがかなり異なっており、探偵事務所の場合は誰かの行動を調査するというのが一般的となっている反面、興信所の役割となるのは信用調査となっており、紙面上の調査などが多くなっています。

 

 

会社の秘密を興信所が……

会社の企業秘密がライバル社に知られているというケースがあります。

 

 

この場合は秘密が知られた企業内部の人間が外部にリークして外部に漏れるケースがある一方で、ライバル会社が興信所に依頼して調査をしてもらっているケースもあり、自分では気付いてないだけで知らぬ間に調査をされている可能性も十分にあります。

 

 

 

ただし、探偵事務所も興信所も共通して言えることはそれぞれが秘密を厳守した上で調査をしているということ。

 

 

当然ながらそれぞれの調査機関共に依頼されている内容が外部に知られてしまうということは今後の存続にも繋がってくるわけなので、かなり慎重に調査が行われるのが普通です。

 

 

興信所と探偵のボーダーラインはあやふやに?

昔はそれぞれの調査機関は役割が明確化されていたのですが、最近は興信所が行なう調査を探偵事務所が行なうというケースも増えており、もちろん逆のパターンも増えているわけです。

 

 

これは業者が増えたことによって競争率が激化したことが背景にあります。

 

 

そのため、どちらに頼んでも最低限の調査は依頼することができます。

 

 

強い分野の有無というのがそれぞれの調査機関にはあるので、それに合わせて依頼することが大切です。


このページの先頭へ戻る