法人向けの調査とは?

探偵は個人だけでなく、法人向けにも

探偵事務所に依頼するケースと言えば、個人が依頼する場合が多いと思っている人も多くいるのではないかと思います。

 

 

実際は会社や企業が調査を依頼するというケースも非常に多く、昔は興信所が法人向けの調査をしていたというイメージがあります。

 

しかし、最近ではどちらでも対応しています。

 

 

ライバル社の情報を探偵が調査する

法人が探偵事務所に調査を依頼するケースとして多くなっているのは、ライバル社の情報収集のために依頼するケースです。

 

こうして違法にライバル社の情報を集めることは犯罪に関わってくる場合もあるのでコンプライアンスを重視している法人は特に注意が必要です。

 

 

自分の会社が調査されていないかどうか

反対にライバル社が自社の情報を不正に調べてないかを探偵事務所に調査するというケースも少なくなく、盗聴器や盗撮カメラが仕込まれている場合もあるので、これらの発見をしてもらうために依頼するということもあります。

 

 

いずれにしても法人が調査を依頼する場合は個人が依頼するよりも費用が割高となっているため、法人専用の探偵事務所というのも少なくありません。

 

 

また、最近は会社の責任者がミステリーショッパーを雇い、自社の店舗でしっかりとサービスが行なわれているか調査するところが増えていますが、さらに深い調査をしようということで探偵事務所に依頼するケースが増えています。

 

 

ミステリーショッパーの場合は素人がしている場合が多いので調査されていることが知られるリスクは高いのですが、探偵の場合は調査のプロなので気付かないという人が圧倒的に多くなっています。

 


このページの先頭へ戻る